アプリストア最適化ASO

アプリストアの検索エンジン用に最適化する方法

ASOとは ASO(App Store Optimization)とはアプリストア最適化を表します。
その目的はアプリを検索順位の上位に表示されるように改善し、潜在ユーザーがアプリを見つけやすい環境にすることです。

SEO(Search Engine Optimization)に対し、ASOはApp StoreやGoogle Playなどのアプリストア内の検索エンジンでの最適化を指します。
そのため、キーワードや説明文の重要性は共通していますが、アイコンやスクリーンショットの最適化などはASOならではの要素です。
ASOはアプリDL数を低コストで増加させるには最適な戦略です。 ASOの重要性 ASOが重要なのは、多くのユーザーがアプリストアの検索機能を通じてアプリを発見、ダウンロードするからです。

2014年にTUNEが行った調査によると、47%のiPhoneユーザー、53%のAndroidユーザーがアプリストア内の検索機能を使ってアプリをダウンロードします。 参照: http://www.mobiledevhq.com/resources/whitepaper_how_users_find_apps.pdf

よって、アプリが検索ランキングの上位に位置すると、潜在的なユーザーがそのアプリを発見しやすくなり、ダウンロード数の増加を期待できます。

アプリストアで上位表示されるために重要な要素 ASOを達成するには、アプリストア内の検索エンジンの仕組みを知っておかなければなりません。
検索エンジンはアプリストア内に存在するコンテンツをアルゴリズムに従ってランキング化して表示しますが、そのアルゴリズムは公表されておらず、Google Playの検索アルゴリズムには200以上の要素が含まれているとも言われています。

主要なアプリストアであるAppStoreとGoogle Playでは以下のような要素が検索結果に影響することが知られています。
アプリのタイトル
アプリのタイトルは、それだけでASOのランクにとって最も重要なメタデータ要素だ。HTMLのtitle要素に相当し、アプリの内容をアプリストアに伝えるすばらしいシグナルとなる。
ウェブの場合は、タイトルに(キーワードを含む)内容の説明とブランディングの両方を含めるだろう。この2つの要素は、アプリストアでも必要だ。
キーワードは確実に入れたいが、スパム的だと思われない程度にして、わかりやすくて意味が通るものにしよう。
キーワードのフィールド
iOSのApp Storeでは、キーワードフィールドに入力できるのは100文字までで、これを利用してiTunes検索で表示させるキーワードを指定できる。
100文字しかないため、賢く使わなければならない。以下にいくつかヒントを挙げる。
  • キーワードを選ぶときは、ウェブと同じように、関連性、検索数、わかりやすさを重視する。
  • 複数の語句を使わず、個々の単語に分割する(アップル側で組み合わせて処理してくれる)。
  • すでにタイトルで使っているキーワードを繰り返さない
    (タイトルには最も重要なキーワードを使い、キーワードフィールドには次に重要なキーワードを使う)。
  • キーワードはカンマで区切り、スペースはどこにも使わない。
アイコン
消費者は要求が細かい。彼らは、美しくエレガントで、わかりやすいアプリを求めている。
ユーザーが最初に目にするのはアプリのアイコンである場合が多いため、自社のブランドや、アプリのエレガントさ、実用性をしっかりと伝える役割を果たせるものにしよう。
覚えておいてほしいのは、アイコンは、検索結果において自社のブランドや実用性を伝えられる数少ない方法の1つだということだ。
SEOで作成するようなmeta descriptionタグの一部だと考えよう。
アプリストア検索におけるiOSとGoogle Playの違いは?
説明 vs. キーワード
iOSにはキーワードフィールドがある。特にiTunesが音楽を背景にしていることを考えると、それも容易に納得できる。
楽曲にはタイトル(アプリのタイトル)と演奏者(開発者名)が登録されており、次に楽曲について説明するいくつかのキーワード(「モータウン」や「レゲエ」など)が必要になる。

アップルはApp Storeを開設する際、すでに音楽向けに構築していたのと同じ技術を採用した。つまり、アプリのタイトル、開発者名、キーワードの3つだけが、アプリの検索を理解するのに使われる要素だったということだ。
iOSでは「説明」が考慮されないことに注意しよう(ただし私は、これが近く変更されると予想している)。

一方、Google Playにはキーワードフィールドがない。説明フィールドがあるだけだ。
したがって、iOSが説明を考慮しないのに対し、Google Playでは説明しか登録できないため、ウェブ上とまったく同じようにする必要がある。
つまり、スパムだと思われることなくコンテンツをキーワードに合わせることだ。
アプリマーケティングの成果を測定する方法
Google社が提供するアプリ向けログ分析ツール「Firebase Analytics」
ユーザの行動はもちろん、ユーザ属性による行動や広告の効果、更には課金がどれ位されているかなどを見ることが可能。
また。IOS,アンドロイドへのプッシュ通知機能も標準搭載されており、アプリ別プッシュ、予約プッシュ、セグメントプッシュができ、送信数、開封率などの分析ができる
検索順位
アプリストア検索の成果を測定する優れた方法は、ウェブと同様、重視するキーワードで検索した場合の順位を長期にわたって追跡し、競合アプリと比較することだ。
検索順位の追跡は、ASO担当者が成果を把握するのに極めて有効だ。